ケーブル談義


テクノロジアさんの高屈曲ワイヤー関連のお話しが出ていたのでメモします。
結論からすると重量級は信号ピンのみ高屈曲に置き換えというのが現実的なんでしょうかね。




S氏 みんながよく使ってたロボットケーブル?細くて耐屈曲性のケーブルってどこに売ってるんでしょうか?
A氏 私のはテクノロジアさんのコレです。
   http://www.technologia.co.jp/27_3515.html
   【Robot Shop Technologia】 > 電気・電子部品 > 配線ケーブル > 高屈曲ワイヤ…
S氏 AWG30ってほっそいなー
S氏 デイジーチェーンだとこれを電源線にはできないな。
U氏 Robotisのケーブルが良いです、リール売りはしてませんが。
S氏 コネクタ付きの長さ決め打ちケーブルしか売って無いということですか?
U氏 長いのはあります。240mmとか、タフですよ
N氏 うちはデイジーチェーン用はKyowaのロボットケーブル(AWG28)のを使っています。千石とかヒロセにあります。
   https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?cid=4137
   被覆から引っ張りだして一本だけで使うと切れちゃう(Mさん談)らしいですが。
   ポテンショメータの配線は、Aさんが挙げたAWG30のやつを使ってます。
Z氏 ウチだと細いのは信号線として、電源には普通のシリコンケーブルを使ってますねぇ(^_^;)。
   タイガー無線辺りで細めの奴を買ってますわ。
S氏 ヨー軸のケーブル収容で軸に巻きつけたいんだけど2ミリの隙間に1周半したいんで、
   被覆が強くて薄くてってのが欲しいんですよ。
   みんなの話聞いていいの選ぶしか無いかな(^_^;)
Z氏 ウチ、肩の軸内配線(いわゆる三日月穴)にシリコンケーブル通してますけど、幸い皮膜が切れたりはしてないっすねぇ。
   もちろん、穴のバリ取りは重点的に行いましたけど(^_^;)。
S氏 シリコンケーブルでやる気無いな〜(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

20年来の謎


Windowsのメニューの上の方にあるたとえば「ファイル(F)」とかのFがショートカットキーだろうということは気づいていたのですが、
でもどうやってそれを使うのかが分からないまま20年以上が経っていました。




Alt+Fとかでそのカッコの中に示されたショートカットを出すことができることが今日わかりました。
しかもショートカットではなくて「アクセスキー」というとか。。。




MacBookにWindowsを入れている場合にはシフト+optionでaltの代わりになります。




ついでにWindowsの「謎キー」としておなじみの、キーボード左下の田マークのボタンも押してみました。
画面左下のスタートボタンを押すのとお同じ効果でした!メニューの中はカーソルで移動できました。ほほう。

さらにアクセスキーでメニューを表示させた後、カーソルを押してみたらこちらも移動できました。ほほーう。

キーボードをよく見るとプリントスクリーンのボタンに「SysRq」と書いてあるのに気づきました。
かなり気になりますが、知らずに生きていけるか試すためにそっとしておきます。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

HeartToHeart4完全理解(6) アナログ値読み取りについて


RCB-4HVのピンアサイン。いつも忘れるのでネットより貼り付け。
グランドは基盤の外側。 コネクタは耳がない方がグランド。
コネクタの羽を矢印と見立てると、矢印が中心に向かうように接続する。

RCB_4_pin.jpg


RCB-4HV_connections.gif
(ネットで落ちている英語版はPIOポートのPIOとGNDが逆ですごく不安になりますが、日本語版のほうが正しいようです。)



RCB-4HVのアナログ入力ポート(ADポート)で、arduinoのpwmを読み取ろうとしたら、基盤のモニタリングで出る数値が0台と1000台を行ったり来たり。はて。




読み取りの周期が速いのでPWM信号を電圧ではなくデジタルのオンオフ信号として読み取っているのでは?と後輩。たしかに。
PWMをアナログ信号になめすのはちょっと手間なのでHiLoのデジタル信号として受け取ることにしてその場しのぎしました。




今日学んだこと
arduinoのpwmによるアナログ信号は、RCB-4HVのアナログ入力ポート(ADポート)ではアナログ値としては読み取れない。たぶん。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

斜視改善マシーン(2)


th_P1110536.jpg

小5が作っている装置。
ビュートローバーに接続するところまでは自力で出来たようですが、いざ旧型マインドストームモーターに接続というところで動かず挫折していました。煙が出たといっているので乾電池ショートもちょっとやっちゃって不安になったようです。
ビュートローバーの基板から外部モーター用の電力を取り出すのもちょっとムリがありました。




興味とやる気は多少あるようですが、かつてのオサルくんのようにトラブルの壁を自力でよじ登るほどの情熱とパワーを持ち合わせてはいないので、ある程度のお膳立てが必要です。




ということで、スタディーノのセットと解説本を導入しました。
ソフトのダウンロードの所は危険を感じたので私の方で済ませましたが、やはり、
「ダウンロードサイトの表記が本と違う」「インストール時にアバストに勝手に弾かれる」
という問題点がありました。小5に自力やらせていたら入り口のところで挫折終了していたところでした。
後は自力で読み進めてくれると助かりますがさてどうなるでしょう。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク