吊り輪とふっきん棒


3LDK暮らしからリフォーム中古物件への引っ越し計画。
業者にお願いしていた分のリフォームが無事終了しました。
資金繰りがどうなるか全くわかりませんが、とにかく終了です。
リフォームしきれなかった部分は今後のDIYになっていきますが、とにかく終了です。

いろいろとコネタを仕込んであるので、少しずつご紹介できればと思います。




th_IMG_0752.jpg

フロアに3部屋あった間取りを変更し、こども部屋+寝室の2部屋にまとめてみました。
写真はこども部屋の窓側です。
今までは4畳半を4人でこども部屋として使っていたので、それに比べれば広いものです。
これからは何でもシェアの時代だそうなので、部屋もしばらくこども部屋もシェア続行でお願いします。

天井からひもがぶら下がっていますが、天井に吊り輪用のフックがついています。
ぶら下がり健康機を愛用していたのですが、吊り輪をビルトインすれば省スペース化できるだろうというもくろみです。
ちなみに写真手前のシーリングファンは前の持ち主の時代からあったものです。


th_kodomo.jpg

こども部屋の壁側です。各自の棚の壁紙を柄違いにしてみました。
プライベート空間がないという大部屋の弱点を少しでも補おうという作戦です。
これに加え、部屋のデスクはパーティションで仕切る予定です。(が、まだできていません。)




th_fukkin.jpg

3Fの和室です。
今まではリビングダイニングに布団を敷いて雑魚寝するという江戸長屋スタイルだったわけですが、引っ越し後は専用の寝室に布団を敷いて広々と雑魚寝できるようになりました。
せっかくのリフォームなので、壁にふっきん棒をつけてもらいました。棒はリフォーム前に高齢者向けの手すりとして使われていたものを流用したものです。




余力が出てきたらまたリフォームのコネタを紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

タイムトリップ家電探し


引っ越し先の小さいリビングにテレビを置こうと思うのですが、
スペースの有効活用のために壁掛けテレビにすることにしてみました。




ということで、32型の薄型テレビを探します。




テレビを架ける壁は6.5cmほどへこましてあるのですが、
いざ調べて見ると、そのヘコミに収まる32型で薄型の現行品がありません!!
40型以上の薄型はあるのですが、32型になるとなぜか厚くなってしまうのでした。




行き着いたのがレグザの32V型J7でした。
なんと2012年のモデルで、新品はもう売っていないという状況です。新品は驚くほど見つかりません。
ので、中古をゲットしました。




32V型J7は画質自体はまあまあですし、DLNAにもギリギリ対応しているので、スペック的にはセーフです。
ただし、5年も前の製品ですので、見劣りする部分が2カ所ありました。

①有効視野角がちょっと狭い。
 →正面から見る分にはクッキリなのですが、45度もずれると色がちょっと褪せて見えます。
  これはかなり不満なので、将来薄型の現行品が発売された暁には速攻買い直したい程です。

②チャンネル送りが遅い。
 →チャンネル変更がもっさりしています。テレビのサクサクザッピングはネット動画に勝るテレビの数少ない強み
  だと思うのですが、デジタル化のおかげでそのアドバンテージをがっつり失っています。

新しいものならもう少しサクサクするかと思うのですが、時代背景を考えると、
地デジ化によるテレビのもっさり化は、皮肉にもテレビ離れとyoutube等のネット映像依存を助長してしまったのではないかと思ってしまいます。なんてゴニョゴニョ言ってもしかたがないのでガマンです。




ただのテレビ探しですが、失われた家電製品を探す時間旅行のようでちょっと面白かった、というお話でした。
32V型J7は無事にありましたが、コンソレット18だけは欲しくてもどうしても見つからないんですよね~。
30年前はキャロットに行けばズラッとならんでましたし、20年前だったら数万円でゲットできたものなんですよね~><

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

スマホクエスト


ちょっと前の話ですが、母がスマホに機種変したいと上京してきました。
損しないようにスマホを持とうとするとかなり複雑なことになるので、ずっと避けて通っていたのですが、ついにやることになりました。
皆さん、通信費はどうされてますか?




母の希望はシンプルです。
①スマホに変えてくれればいいだけ。
②住所録などのデータを引き継ぎたいが、店舗ではやってもらえなかった。だから来た。

実にカンタンそうな話です。
でも罠がいっぱりありそうな予感がもうします。




遠方に住む母がなるべくストレスなく使えるようにするために、
最低限の条件を考えてみました。

【要件】
[1] iPhoneにする。(近所の親戚などが持っているため、使い方を聞きやすい。)
[2] トータルをなるべく安く済ます。最低でも現状(固定+ガラケー)の通信費を維持。

お金が無尽蔵にあれば[1]だけですむので面倒は少ないです。
[2]を絡めると一気に複雑化しますよね。




さあ、がんばりますぞ。
以下、スマホに変更するためにやったことの列挙です。

・携帯と固定電話についての各社のサービス調査。
 →現状、携帯はA社で固定はD社の光。プロバイダ不明。
 →auは月2500円程度。フレッツは月5000円ほど払っている。
 →どちらかにまとめてもかなり高くなる。月2万円とかになる。
 →携帯のプランが複雑すぎて、心が折れる。
 →とりあえず格安スマホ+固定電話の組み合わせがベストという結論に。
 →費用をどうまとめるか調べるところだけで丸一日を消化。
・iPhoneを調べる。
 →大きな画面がよいとのことだったので、SEではなくiPhone6sに狙いを定める。
 →携帯からiPhoneへのデータ移行方法を検索。PC経由でできなくはなさそう。
・格安SIMを調べる。
 →M社がよさそうな感じと目星をつける。
 →nanoSIMであればiPhone6sに対応と分かる。(キャリアとSIMの組み合わせで可不可がある。)
 →M社にチャットで質問しつつ、申し込みを入れる。
 →MNPの予約番号が先に必要と判明。
・A社に電話。MNPの予約番号取得のついでに、解約金の発生はないか確かめる。
 →担当に繋がるまでに延々と待たされる。覚悟はしていたケド。。。
 →5月末までに以降完了しないと解約金が発生することが判明する。
 →解約理由や、Aの格安プランを聞いてくれというので、
  何分も待たされて別の担当者から説明を聞く。月6000円になるとのこと。高い。
  元の担当者にもどるも、同じ話を聞かされる。なんで。
  本人確認が必要とのことで、母とかわるがわる電話で対応し、
  とりあえずMNPの予約番号は取得。
 →A社のポイントが未消化であることが判明し、消化すべく調べる。
  ポイントを携帯利用料金として消化できないことが判明。
  また、2種類のポイントが蓄積されていることも判明。
  ポイントを変換し、1種類のポイントにまとめる作業。
  この時、パスワードが分からず小一時間苦戦。
  携帯のナビゲーションも非常に複雑で心がくじけそうになる。
  ポイントを消耗品(ドリップコーヒー)に交換。母少し喜ぶ。
・M社の申し込みに際し、本人証明書が必要なことが判明。
 →保険書は持っていたが、免許証は不所持。
 →ネット経由の申し込みでは、契約が遅れA社の解約金が発生することが判明。
 →調べると近くの家電量販店で当日契約がとれることも判明。
  M社なら保険証のみでも可能とのこと。
・家電量販店へ。
 →M社の申し込みをしようとすると、他社の検討を進められる。
 →M社の他には、O社、B社が候補。お店としてO社、B社がおすすめらしい。
 →それぞれのかけ放題プランは、M社が5分、O社が10分、B社が3分。
 →O社に決定し、申し込みへ。
 →O社は保険証のみではNGと判明。
 →B社に変更。ホントはM社がよかったんですけど・・・
 →なんとか申込み完了。SIM発行まで40分ほどの待ち時間。
 →あわよくばとiPhone売り場に行ったが、前情報通りSIMフリーは扱いなし。
 →スマホケースを選ぶ。ドンピシャのケースがなくて母延々悩む。
・銀座のアップルへ。
 →事前に在庫確認したこともあり、すんなり本体を入手。ここはストレスなし。
 →本体7万円ぐらい、保障に1.5万円ぐらい。
・自宅に戻る。
 →SIMを入れる。無事動く。
 →B社のアプリを入れるところで、後送されるアイパスが必要と判明。作業止める。
 →住所録と写真のデータ以降を行う。メールデータはあきらめてもらう。
 →iPhoneユーザーの妻から基本操作をいろいろとレクチャー。
 →積み残しはありつつ、スマホ移行完了!



まる2日+αの時間がかかりました。
他にもコマゴマとしたストレスが随所に綿密に仕込まれており、この何重にも及ぶ障壁を一人で設計したという人がいたら本当に天才だと思いました。クリアまでの道のりは非常に苦しいものでしたが、サービス市場のいろいろな問題点を体感することができてとても勉強になりました><

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

アンテナ


リフォーム中なのですが予算オーバーなので細かなところはこちらで準備中です。
何でもかんでもまとめてポンとお願いできるとよいのですが、ちょっとお金が続きません。




アンテナを準備します。
実家のBSアンテナぐらいはDIY設置の経験があるのですが、地デジも混ぜたいのでさっそく調べます。




分かったこと。

・地デジ送信方法には水平偏波と垂直偏波がある。スカイツリーは水平。
・ブースターはアンテナ直下に置く。
・BS/CSと地デジの電波の混合機を兼ねたブースターもある。
・ブースターを準備できるなら、アンテナ側にはブースターは不要
・ブースター兼混合機は、電源部とブースター部に分かれる。
・アンテナへはブースターが電力供給してくれる。
・ブースターへの電力供給は、電源ユニットから胴軸ケーブル経由で可能。
・テレビやビデオなどの機器に接続する際には、必要に応じて分配する。
・NASNEやTORNEは混合機で合成されたBSCS地デジを1コネクタで受け付けてくれる。

つまり、

┌BSCSアンテナ
│┌地デジアンテナ
││
└┴ブースター付き混合器
   └ブースター用電源 ─(胴軸ケーブル1本)─ 各階のコネクタ ─ (分配器)各家電

こういう風につなぐと良いらしいです。




早速、

①小型の地デジアンテナ
②BS/CSアンテナ
③地デジ・BS/CS混合器兼ブースター

の3つを購入し、地デジについては室内でテスト接続してみました。

無事テレビが映りました。一安心。
ブースターを挟むよりもテレビに直接アンテナをつないだ方がアンテナレベルが高かったのですが、
複数の機材をアンテナに接続すること、BS・CSと混合することを考え、ブースターはありのままにします。




FM波、AM波も受信したいところですが、WEBラジオで対応できてしまうのでいったん諦めます><

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

DLNA構築の準備


nasneを購入したのに接続方法がわからず1年以上寝かせていました。。。

引っ越し先での快適なDLNAを構築すべく、まずは今住んでいる所のLAN環境を見直してみます。
DLNAというのはDigital Living Network Allianceの略で、家電、PC、モバイル端末を繋げていくという基準です。
録画した番組や写真をどの機器からでもみれるようになったりするようです。




マンション全体で契約した光回線サービスをずっと使っているのですが・・・各部屋にあるLANコンセントに有線LANを接続すると一度に1台ずつしか有効にできないという謎仕様でした。特に困ることもなかったので、その謎を寝かせたまま14年も住み続けてしまいました。

lanmoto.jpg

調べてみると、デフォルトの配線は上記のようになっていました。
種明かしを見れば実に簡単なことで、根元をスイッチングハブで分岐されていたのでルーター機能が不在で、そのため1台ずつしか繋げなかったというわけです。
DLNAを使うのであれば有線LANが各部屋同士で繋がるようにおきたいところです。




ここでLAN用語のおさらいです。

①IPアドレス: 無線LANで使う機器認識番号。インターネットおよびLANに参加する機器すべてに一つずつ必要。
②ONU: 光回線などのインターネット回線をLAN用の信号に変換する機器。ルーターの機能を持つものもある。
③ルーター: 複数の機器を接続できるようにIPアドレスを発行し配れる機器。この先には複数の機器を繋げられる。
④無線ルーター: 上記③のルーターの機能に無線の機能が加わったもの。
⑤ブリッジモード: 上記④の無線ルーターでルーター機能を無効にした使い方。
⑥ハブ/スイッチングハブ: LAN信号を増幅して分岐させる機器。スイッチングハブの方が賢い。IPは発行しない。
★注意すべきこと: ONU以降にルーターを2つ以上繋げてはならない。

という感じでしょうか。それぞれの役割が重複していたりするのでゴニョゴニョしますよね。
これで概要が理解でき、アタマの中もだいぶスッキリ整理できました。




さっそく、整理した知識をもとに、マンションのLANを再構築してみます。

lanafter.jpg

下駄箱の中にあったデフォルトのハブを無線ルーターに入れ替え、各部屋の無線LANコネクタそれぞれに機器を接続できるように改めました。さらにブリッジモード(APモード)の無線LANポイントも足してみました。引っ越し先が鉄筋4階の中古物件なので各階にアクセスポイントが必要になる見込みです。
テストしてみたところ、MacBookからはONUと直結した無線ポイント、ハブの先の無線ポイント、どちらからでもnasneの中身にアクセスできることが無事確認できました^^




iPhotoに入っている写真をどうするかとか、バックアップ体制をどうまとめるかなど、いくつか課題が残りますが、
とりあえず家庭内LAN環境については目処が立ちました。
リビングのメディアプレイヤーをどうするかという問題もありますが、値崩れした中古PS3を購入して使うという手も魅力的です。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク