DS Liteの修理


久々のゲーム機修理記事です。
DS Liteの上画面の調子が悪くなりました。しかも所持している2台がほぼ同時に故障しました。

電源投入直後はなんとか保つのですが、ほどなく画面に横線が入り見えなくなっていきます。
2台のうち1台は完全に液晶がつかなくなりました。




症状的にコンデンサの劣化かとは思うのですが、液晶基盤内部の抵抗だとすると交換は困難です。
1500円程度で液晶パーツが通販されているので、そちらを購入して交換修理することにしました。
分解方法は下記のブログに詳しいので参考にさせていただきました。
http://korujeri.web.fc2.com/DSlitebunnkaihouhou.html




液晶の交換なのでフレキをコネクタに差し替えるだけの簡単な作業かと侮っていたら、思わぬ難所が!
なんとフレキケーブルにスピーカーが半田付けされています。
フレキケーブルへの半田付けは、フィルムがすぐチリチリになるのでかなりの苦手意識があります。
そもそも半田でやるべきものなのかどうかもよくわかりません。できれば避けたいのですが。。。




th_P1120141.jpg

所持している中で最も低温の183度〜190度の低温はんだで挑戦です。
まずは古い液晶からスピーカーの配線を外します。
①はんだごての先端に半田を少量のせ、熱の伝達力を高めておき
②はんだごてを接点に近づけ、ピトッと半田が接点に吸着するなり配線を抜くっ!

というやり方でフレキにダメージを与えずに配線を外すことができました。

次に新しい液晶のフレキの半田づけです。
①はんだごての先端に半田を少量のせ、熱の伝達力を高めておき
②接点にはんだをのせっ!

というやり方で、はんだがのってくれました。
①→②の時間を最小にすると安全です。1秒ぐらいでパパッという感じでやります。
フレキの半田ポイント側は受け入れ体制バッチリのようで、もうすこしゆっくりでも熱に耐えそうです。

フレキに半田がのりさえすれば、あとは簡単です。また、①②のパターンを使ってスピーカーの線を接続します。
スピーカー側の線に半田があまり残っていなければ、少し半田をのせておくのも良いと思います。




th_P1120142.jpg

もう一方のスピーカー配線も無事完了!
怖がることはなかったです。




th_P1120143.jpg

ちなみにこのフレキを丸めて穴を通すときには、セロテープなどで筒状に仮止めしてから通すと楽に通ります。
LRボタンを組み立てる時なども、セロテープで固定すると組み立てやすいです。セロテープ最高です。




あとは組み立て直せば完成。
フレキをコネクタに挿す深さが足りないと、電源が正常に入りません。(一瞬下の画面だけパッと光ってすぐ消える症状。)
ヒューズが切れているだけという症状もありえるので、液晶交換の前にそちらをテストしてみるのもよさそうです。
ヒューズの位置は下記のブログが参考になります。
http://manbou.tea-nifty.com/blog/2009/08/post-d6d3.html




DSぐらい新しいものになると部品交換ですら細かくて大変です。
80年代のレトロ機が修理をしていてちょうどよく楽しいです^^
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

逆ガンダム


オルフェンズ。
ガンダム×任侠モノという雰囲気が強いですが、それ以上に初代ガンダムの要素をすべて逆にしてプロットし、それをつなぎ合わせたような構造が気になります。
ランバラル役、シャア役、ガルマ役がかなりそれと分かりやすい姿で登場したのは、そういう楽しみ方をしてくださいというメッセージだったのでしょう。初期からいわゆるフラグと呼ばれるお決まりの前触れ逆の結果を出してエンディングテーマへとつなぐ手法が頻発し、「フラグクラッシャー」という言葉もネットで見られるほど。オルフェンズは逆ガンダムとして認知されているものと思います。

そもそも初代ガンダムの要素ひっくり返して再構築する手法は小説版ガンダムやZガンダムから続く伝統だとは思います。ガンダムシリーズといえば決まって仮面のライバルが登場し、主人公は敵と恋に落ちるものです。しかし、今回は特にその度合いが強いと思います。ということは、初代ガンダムでの各キャラクターの結果が、該当するオルフェンズのキャラクターの行く末を暗示しているという面があると思います。さて、最終回はどうなるのでしょうか。

まず、ガンダムの要素がオルフェンズではどうひっくり返されてきたのか、分かりやすいところを並べてみたいと思います。


主人公:
アムロ→民間人が、成長するに従って人間兵器になっていく。敵と恋に落ちる。
三日月→人間兵器が、成長するに従って人間性を獲得していく。敵と恋に落ちない。

上司役:
ブライト→アムロの手なずけに苦心。UCシリーズに出続ける。
オルガ→最初から三日月の忠誠度100。

ヒロイン役:
セイラ、フラウ→主人公とくっつかない。
クーデリア、アトラ→両方とも主人公とくっつく?

アドバイザー役:
リュウ、ハヤト:リュウは途中退場。ハヤトはZまで残る。
ビスケット:リュウ役なので残ると思ったが・・・

三枚目役:
カイ:個人主義的、客観的、合理的。規律に合わず劇中で叩かれる。最後まで残る。
ザック:序盤は出ない。劇中で発言をほめられる。

理解あるいい敵役(六枚目):
ランバラル:若い主人公に負け、自害。
クランク:若い主人公に負け、自害できない。

シャア役:
シャア:主人公と敵対。ガルマを謀殺。主人公に執心。権威に刃向かう。
マクギリス:主人公と同盟。ガエリオを利用するが逆襲される。権威を欲しがる。
アイン:主人公に勝つことに執心。ガエリオにくっつく。

ガルマ役:
ガルマ:シャアに謀殺される。
ガエリオ:執心要素を取り込み、シャア役にしっぺ返し。

助っ人外人役:
スレッガー:経験豊富で頼りになる先輩。
ザック・ハッシュ:初心者で頼りにならない後輩。

輸送部隊:
マチルダ隊:女性が率いる補給部隊。
タービンズ:男性が率いる女性部隊。

金斗雲役:
Gファイター:あまり役に立たない。
クタン参型:ガンダムを遠方の前線に速達するという本懐を達成。

・・・みたいな感じです。細かいところはもっといっぱいあると思います。




さて、オルフェンズではどういうエンディングになるのでしょう。
初代ガンダムでは主人公を含む最終話付近の主要メンバーが全員生き残り、連邦軍の勝利となったわけですが、その逆となると・・・。
よい読後感になる作者のさじ加減を祈ります。


続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 学問・文化・芸術

第1回マイクロマウス世界大会


いしかわきょーすけさんのサイトで紹介されておりました、第1回マイクロマウス世界大会の映像。
バックトゥザレトロフィューチャーであります。



つづき↓
The first World Micromouse Contest in Tsubuka, Japan, August 1985 [2/2]




つくば万博の1985年はやっぱり特別な年。この大会の約1ヶ月後、スーパーマリオが発売。
スペースハリアーもハングオンもこの年。ロボットと共にファミコンがアメリカで発売されたのもこの年。
PC-8801mkIISRが発売されたのもこの1985年。未来が始まった年。




リポーターの若月純子さんがどんな方なのかと調べたところ、
ちょうどヤフー知恵袋で近況を尋ねる質問がありました。
「「ニュースセンター9時」を見てくださったのですね。ありがとうございます。若月純子です。」
と、いきなりご本人から回答(笑)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14119826449




もものはな〜。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

ロンパース/ゼビウス3D/G


気がつけば11月も下旬になろうとしています。
家族行事とロボットだけで今年は全然レトロゲームをクリアできていないのでは!?という不安にかられ過去記事を読むと、
6月ごろにブログの下書きがありました。
ロンパースとゼビウス3D/Gをクリアしていました。




部屋の模様替えの後、PS2が余っていたので、子供部屋の小さいレグザにD端子で接続。
画質チェックのつもりでゼビウス3D/G(共にPS1用ソフト)を立ち上げてみたところ、想像以上の高画質で驚きました。
ではポリゴンゲーム以外はどうだろうとナムコミュージアムRのロンパースを試してみたところ、
こちらも目が覚めるようなクッキリドット。嬉しさのあまりついつい長時間プレイしまったのでした。




ゼビウス3D/Gは発売当時に少し遊びました。
自動車教習の空き時間に、その近くのゲーセンで遊んだ記憶があります。
90年代後半は、まだどんな駅前にも1軒ぐらいはゲーセンが残っていた時代です。
その後、いつかクリアする日もくるだろうとPS用の中古をコレクションしておきました。

アーケード当時ですでにポリゴンの雑な感じが気になっていましたが、レグザはその雑さも含めてクッキリと表示してくれており、新鮮な気持ちで楽しめました。
草原の面ではホソノ星人のスーパーゼビウスをオマージュしたような竹っぽいパーカッションが入っていたりして、よい感じです。
ポリゴンを使ったメカデザインの方はもちろん自分が好きな世界観からはちょっとズレています。
こんなデザインのメカや世界観はゼビウスじゃない!担当者全然わかってない!と思いながらプレイするのも、派生ゼビウスの醍醐味の一つかもしれません。

コンティニューの力で全ステージの雰囲気と音楽を堪能しました。全8面。
MSX2とPCエンジンのファードラウドもクリアすればゼビウス世界をほぼ制覇できますが、ちょっと大変そうなので後回しに。




ロンパースは言わば壁を倒せるパックマンです。パズルっぽい要素もあり楽しいです。
89年発売。発売当時には少しの間だけキャロットでみかけました。
荒いドットでキャラクターが大きいという、いかにもこの時期らしい絵作りです。
当時は「最高にクールなゲームしか作らないはずのナムコがまた・・・」と少し期待を裏切られたような感じで100円を入れてみた記憶があります。

ということで、本当は面白いゲームなのかどうかの検証の意味も込めての徹底挑戦です。




パズルゲームとはいえ、アーケード用。だったら2時間ぐらいあればクリアできるはずの難易度に違いない。
・・・と思ったのですが、甘かったです。
全61面ありますが、50面でドハマリしました。
フィールド上のクモガタの敵が追ってくるのですが、迷路がシンプルで狭く、逃げ場がほとんどありません。
反射神経では挟み撃ちを回避できず、かといってパズル的思考(敵の行動パターン先読み)をするには時間が足りなすぎます。

結果として、最適解となる移動パターンを一つ一つ探っていく方法で攻略することになりました。
しらみつぶしのルート探索に操作ミスも加わり、時間だけがどんどん経ちます。
セーブ機能や面セレクトがあるかもよくわからず、かといって後で続きをやろうと電源を入れっぱなしで放置すればきっと家族が消しちゃいます。
もう一度50面までやる気力はありませんから、この場でクリアまでたどり着かないと一生悔やむことになるでしょう。

1時間半ぐらいを費やしたところで、なんとか50面をクリア。
その後、ラストステージが近づき、59面、60面とシビアな面が続きましたが、50面に比べたら楽勝です。
61面でボスを倒して全クリア。ノーヒントで挑んだ分、心地よい達成感がありました。

アーケードで出会った時には、まさか将来自宅でそのゲームを攻略できるようになるとは想像だにしませんでした。しみじみ。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンポジット→RF端子の変換機


AV入力(コンポジット入力)のないテレビでAV出力の映像を見たいと思った時、丁度よい変換機がなかなかありません。
事情がありどうしてもその変換機が必要になったので、工作することにします。




自作方法については下記のサイトに詳しいです。
http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-rfconv.html




th_P1110062.jpg

自作といっても、既存のもののコネクタを変換するだけのお手軽工作です。
私はNINTENDO64用のRFモジュレータを使うことにしました。(安かったから)
基板の裏側にハンダ付けするだけですし、分解はプラスドライバーのみでケースの破壊もありませんから、もしこの貴重品を本来の姿で使いたいとなったら、いつでも現状復帰可能です。




th_P1110063.jpg

一応自分でも調べました。
ピンアサインは写真で見える緑の基板上の下側、縦2横3で並んでいる6個のコネクタについて、
左上:Gnd  中央上:+5V   右上:音声R
左下:Gnd  中央下:映像   右下:音声L
となっているようです。




th_P1110065.jpg
配線を接続してタカチケースに入れます。
5Vの電源はUSBケーブルを使いました。USB用ACアダプタ等に挿して使います。
電流は300mAぐらいでも大丈夫そうです。




th_P1110067.jpg

AV入力側にゲーム機やビデオなどの写したいもの、RF出力にはファミコン用のRF SWITCHなどを接続し、テレビにつなぎます。

80年代前半までのテレビを現役家電として復活させる魔法の箱のできあがりです^^

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク