SketchUpで穴をうまくあける


Sketchup上で板に穴をあけようとしたとき、
少し複雑な形状の板だと「プッシュ/プル」でうまく穴が空かない場合があります。
例えば、板の表面に円を描き、それをプッシュ/プルでウラ面のレベルまで押し込んだとき、
板の面と穴の面で面が2重にできてしまい、穴が開かないと言うことがあります。



解決策は、表側と裏側の両面に同じサイズ(同じ向き)の円を描いておくことでした。
すると表面の円を押し込んで裏側の面に達すると、裏側の面の円にスナップして穴が空いてくれます。



めでたしめでたし。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

SketchUp上でDXFレイヤー作成


ろぼとまさんでの切削のコネタです。
切削以来の手順はぱぱっちさんが詳細にまとめてくださっています が、さらに手順を1手減らせました。




SketchUP上で切削線レイヤーとケガキ線レイヤーの作成までを済ませ、
SakraCADでの作業を最小限にできることがわかったのでした。




①Sketchupで展開図を作り、所定の範囲内に水平面に並べるところまでを終えます。
②展開図全体をグループ解除し、1つのグループにまとめます。
③グループの中からケガキ線のみ選択し、グループの外へ「所定の位置へペースト」します。
④全選択されているケガキ線をグループ化します。
 つまり、切削用のグループと、ケガキ線のグループの2グループのファイルになります。
⑤それを、プラグイン(Export to DXF or STL)等からDXFファイルに出力します。
⑥SakraCADで⑤のDXFファイルを開くと、切削用レイヤーとケガキ線レイヤーが出来上がっています。
 それぞれのレイヤーをリネームし、改めてDXFファイルとして出力すれば完成です。




少しラクになるのでした。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

SketchyPhysicsでリンク機構を試す


スケッチアップの無料プラグイン"SketchyPhysics"で物理エンジン的なことを出来るのは知っていたのですが、
使い勝手がイマイチわからず利用していませんでした。




ということで、リンク機構を作る場合の最短距離の使い方のメモです。
(SketchyPhysics自体のスケッチアップへのプラグイン導入は省略します。)


【準備】
①うごかしたいオブジェクトはグループ化しておきます。
②うごかしたいオブジェクトの回転軸に印をつけておきます。
③便宜上、リンクの土台となるうごかさないオブジェクトを置いておきます。
④細かい部品が小さい場合は、作業しやすいように10倍などに拡大しておきます。

【設定】
static.jpg

①まず土台を設定します。
 リンクの土台となるオブジェクトを選択し、
 右クリックメニューから「SketchyPhysics」→「State」→「static」を選択。
 土台が静的でうごかないものとして設定されます。

bar1.jpg
②回転軸を設定します。
 ツールパレットから青い回転矢印のアイコンを選択し、
 軸となるポイントをクリックしてから回転させたい軸の方向にラインを伸ばし、再度クリックします。
 (矢印のキーと組み合わせることで、XYZ軸に水平な線にスナップできます。)
 すると、回転軸を意味する矢印形のオブジェクトが配置されます。

ちなみに右のメニューですが、上から
・回転ジョイント
・スライダージョイント
・サーボモーター(再生時に回転角度をスライドバーで自由に設定できる)
・スライダージョイント(再生時にオブジェクトの位置をスライドバーで自由に設定できる)
・モーター(回転を続ける軸)
などです。


③回転ジョイントとベースを連結します。
 下記のツールパレットの一番下のアイコン(Joint Connector)を押すと、連結モードになりますので、
 まず回転させるベースとなるオブジェクト(まずは①で作ったもの)をクリック。
 その後、オプション+クリックで回転ジョイントを選択します。
 (選択解除はシフト+クリックです。)

bar2.jpg

ちなみにこちらのツールバーは、上から、
・Play:物理エンジン再生と停止
・Reset:物理エンジンリセット
・ShowUI:設定情報などの表示?
・Joint Connector:ジョイント連結モード
です。


④回転ジョイントと回転させるオブジェクトを連結します。
 通常の描画モードで、回転させたいオブジェクトと回転軸のオブジェクトをグルーピングします。
 つまり、回転軸のオブジェクトは、
 描画モードにおいては回転させたいオブジェクトとグループ化されており、
 SketchyPhisicsモードにおいては土台のオブジェクトとペアリングされている状態
になっています。


⑤パレットからPlayを押して物理エンジンのシミュレートを開始します。
 オブジェクトが正しく設定されていれば、未設定のオブジェクトは落下し、
 設定済みのオブジェクトはドラッグさせることで、回転軸で留められていることを確認できます。


⑥すべてのオブジェクトを連結していきます。③と④を繰り返していきます。
 ③では最初は静的なベースと連結していますが、以降は動くオブジェクトをベースとして設定もできます。
 設定がうまくいくと、下記のようにリンクが動作します。
 例では右側の軸にモーターが設定し、それ以外は回転ジョイントで連結しています。
 回転を続け、リンクしたアームがうごくのがわかります。






というメモでした。
④のあたりの仕組みが理解ができると、一気に使いやすくなると思います。
少し進める毎に正しく動作するかを検証しながら進めるのがよいと思いますが、
連結を最後までしっかり行わないと、途中の場所が固定物とみなされるためか動かなくなる場合もありますので、
頭の中で整理しつつ、臨機応変に作業を進めるとよいと思います。
上記ムービーのテストは、リンクをレゴでまず試作したものを、SketchUpに書き直して制作しました。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

円の精度を変更する


かつて、SketchUpで作った円がどうしても少ないセグメント数になってしまい、
切削がうまくいかなかったり3Dプリンタで出力してもガタガタになったりする症状に人類が苦しめられた時代がありましたが、だいぶ前に解決済みでした。




enko.png

円周を選択した状態で、右クリックメニュー→エンティティを選びます。
セグメント数に円周を分割したい数を入力すればOKです。
円弧を選んでも同様にセグメント数を変更できます。

以上ご報告&自分むけメモでした。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

SketchUpと切削のコツまとめ


スケッチアップでアルミフレーム設計して、ろぼとまさんの切削サービスで切ってもらう方法のまとめとかコツとかのメモです。



まずは今回の作業で気づいたSketchUpのコツです。

・回転ツールでうまく回転させられない
 →回転させる中心をクリックした後、回転の軸はそのままマウスのドラックすることで指定できる。

・面の上に置いたはずの図形が、面上の図形と認識されない。図形を選択しても境界線ができない。
 →図形をクリックして「カット」し、メニューから「所定の位置にペースト」を選ぶ。

・面の上に置いたはずの円が、面上の円と認識されない。
 右クリックメニューから「面と交差」を選ぶと、円は面に乗るがぐちゃぐちゃのゴミ線が出る。
 →「カット」&「所定の位置にペースト」でうまくいく場合がある。
 →それでもダメなら、プラグインツールのSet Center Pointで中心点を打ち、円を描きなおす。

・プラグインの実行がめんどくさい。
 →プラグインの実行もショートカットに設定可能。環境設定から行う。シフト+文字キーにも設定可能。



th_スクリー

SketchUpとSakraCADを使ったろぼとまさん切削データの作り方です。
両方ともフリーで使えるツールです。


【SketchUpでの作業】
・SketchUp上で図面CADを描く。
・SketchUp上で展開図に直す。
 ・展開図は曲げる内側の寸法で作る。
  このとき曲げ代は、アルミ厚1mmの時、折線から両側に0.25mmずつ。(曲げ線1本につき、0.5mmずつ長くなる。)
 ・ドリル穴の最少径は1.6mmに設定しておく。
 ・1.6mmの径だとM1.7のロボゼロネジがギリギリタッピング可能。
・図をz軸0mmの水平面に並べる。
・展開図ができたら、プラグインExport to DXL or STLでDXFファイルに書きだす。
 polyfacemesh/polylines/triangular mesh/lines/stlのどれにするか聞かれるが、linesにする。
 念のため、目安になる図形の篇の長さをデータ上で計測しておく。


【SakraCADでの作業(切削線を入れる場合)】
・SketchUpで作ったDXFファイルを、SakraCADで開く。
・自動で縮尺していいか聞かれるので、はいを選ぶ。
・展開図が表示されるはず。念のためSketchUp上の長さと同じか確かめておく。(ツール→計測→距離測定)
・描写画面の下のタグをクリックして名前をつけておく。SESSAKUなどわかりやすく。

・同タグを右クリックで「複写」にする。レイヤーのコピーができる。
・コピーしたレイヤーのタグをクリックして名前を付ける。KEGAKIなどわかりやすく。
・ケガキレイヤーのタグを右クリックし、「レイヤー設定」で「表示」「選択」のチェックをはずす。
・ケガキレイヤー上の切削線をすべて消す。(手作業)
・ケガキレイヤーですべてを選択し、色をつけておく。

・ケガキレイヤーのタグを右クリックし、「レイヤー設定」で「表示」「選択」のチェックを入れる。
・切削レイヤーのタグを右クリックし、「レイヤー設定」で「表示」「選択」のチェックをはずす。
・切削レイヤーからケガキ線を消していく。
・ケガキ線は赤、切削線は黒で表示された状態になる。

・「名前を付けて保存」にし、形式をDXFを選ぶ。(切削&ケガキファイルの完成)
・切削チェック用ファイルを作る。
 ケガキレイヤーを消去し、「名前を付けて保存」にて「テスト用」など適当な名前をつけてDXF保存する。


【SheetCAMでの作業(チェックのみ)】
・CNCソフトのSheetCAM(フリー)で切削可能かどうかをチェックするには、
 「File」→「Open drawing」で、先ほど保存した「テスト用」のファイルを開く。
・切削線は赤、くりぬき線は黄色で表示される。
 切削しない部分は白で表示されるので見直す。
・図形が面として閉じられていないと、白で表示される。マウスホイールで拡大表示できるので、目視精査する。
・切削線がケガキ線など、余計な線が接触していても、白で表示される。


【注意点】
・この変換方法だと円が多角形で出力されてしまうが、1.6mm径ならギリギリ切削可能。1.58mm径とかだとNG。
・より小さい穴をあけたい場合には、穴の中心にケガキ線で十字を書いておき、あとから手動のドリルで開ける。
・1.6mmの径だとM1.7のロボゼロネジがギリギリタッピング可能。
・1.7mmの径にすると、M1.7のネジをネジ止めせずに通すだけの穴にするのに適する穴になる。はず。
・SakraCADで切削線を作る作業は、もっと効率的な方法がありそうな気もします・・・
 切削レイヤーからケガキ線だけ選んでレイヤー移動させるとか。。。

これでいろいろうまくいく、はずです。
今回の作業では穴のサイズに失敗して何度もやりなおしました。。。
うまく切削できますように!

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク