ZHケーブルの工具サイズメモ

th_P1110710.jpg



ZHケーブルのピンをつける場合、

・ワイヤーストリッパのサイズは0.5でよい。
・圧着ペンチ(PA-09など)のサイズは、1.0でよい。
 リード線側、被覆側ともに1.0でうまくいく。
・リード線側は、かなり力の入れて圧着して大丈夫。(工具によるかもしれませんが。)
・被覆側は、強すぎず弱すぎずほどほどに圧着。強すぎるともげるかも。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

接続障害


RCB-4HVの隣にいろいろ別の基盤やらなんやらを詰め込んでいます。
3芯のシリアル線をロボ本体に空けた穴に中継して、ロボットの基盤ボックスの蓋をしめたままでも、
シリアル線をつなげるようにしました。



で、いざパッケージングしてみたら、PCとの有線接続がものすごく不安定に。
ごく簡単な信号は送れるものの、書き込みなどは失敗してしまいます。



シリアル用のコードに隣接しているWIFIユニットの電源を切ったところ、大丈夫になりました!
シールドしたりせずに済みました。
それにしてもWIFIの電波って、けっこう強力なんですね。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

CUBIS 1.5 アップデート


CUBIS 1.5という3Dプリンタを使っています。
すでにフィラメント4〜5ロール分使っておりますが、なかなか好調です。




出力用のソフトはRepetier-Hostなのですが、メーカー推奨のものはバージョンが0.56と少し古いです。
一方、いまMacで使えるのは1.0.1なのですが、メーカーに設定情報などはありません。
アップデートすることでいままで安定的に使えていたプリンタが使えなくなってしまう可能性もあり不安でしたが、
ちょっと試してみました。



slicer101.png

0.56では、SketchUpで少し複雑な形状をつくると、stlからG-Codeをまともに出力できないという問題がありました。
同じstlファイルを出力屋さんのサービスで出力するとバッチリ大丈夫でしたので、ソフトの問題ということも分かっていました。無料ソフトの限界とあきらめていましたが・・・

なんということでしょう。いままで欠陥だらけのG-Codeしか出力できなかったSlicerは、Repetier-Hostを1.0.1にアップデートすることで、適当にちょちょっと書いたモデルまで正確にG-Codeにしてくれるようになったのです。
設計自体は数分で終了しているにもかかわらず、正しくG-Code化するための書き直しのためだけに何兆時間要していた徒労はもう過去のもの。と3Dプリントまでが非常にスムーズに出来るようになったのです。




出力もRepetier-Host Mac 1.0.1から可能なのですが、2つ問題が見つかりました。
①ヘッドの移動ボタンを押した時、移動量+10のボタンを押しても+20になってしまう。
②出力後にヘッド待機場所に戻らず、範囲を超えた真逆の方に移動しようとする。

という感じでした。

解決法ですが、
G-Codeの書き出しは1.0.1を使い、
出力用のデスクトップはバージョン0.56を使用し、G-Codeを読み込む。

ということでなんとかなりました。

Repetier-Host Mac 1.0.1でそろえられると便利なのですが、
CUBIS 1.5自体をあまり使っている人がいないようで、アップデートの情報があまりありません。



フィラメントの送り出しでひっかかるという問題もあり、いままではフィラメントタンクからフィラメントを外に出す事で対処していました。
フィラメントのロールを引っ掛けておく軸のところに、クッキングペーパーを3枚ぐらいにまいてみました。
クッキングペーパーはツルツルで摩擦に強い上に耐熱性も高いので、大きいロボットのヨー軸の面にベアリング代わりに使っています。厚みを調整できるのでガタツキをほぼ無くする事ができるので、ロボづくりにもとてもおすすめできます。




ヒーティングベッドは、どうも温度にムラがあるようです。
赤外線温度計でみてもハッキリと温度差があります・・・
この温度差は、出力時のメクレとして出て来てしまいます。
この温度差とどう戦うかですが、目下はPLAを使っているので、
ヒーティングベッドの設定温度を40度まで下げることでうまくいきました。
(ちなみにノズルの温度180度にしています。)




そんなこんなでコネタ集でしたが、一人でも多くのSketchUp+CUBIS 1.5のユーザーの方のお役に立てばと思います^^

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg




■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク