吊り輪とふっきん棒


3LDK暮らしからリフォーム中古物件への引っ越し計画。
業者にお願いしていた分のリフォームが無事終了しました。
資金繰りがどうなるか全くわかりませんが、とにかく終了です。
リフォームしきれなかった部分は今後のDIYになっていきますが、とにかく終了です。

いろいろとコネタを仕込んであるので、少しずつご紹介できればと思います。




th_IMG_0752.jpg

フロアに3部屋あった間取りを変更し、こども部屋+寝室の2部屋にまとめてみました。
写真はこども部屋の窓側です。
今までは4畳半を4人でこども部屋として使っていたので、それに比べれば広いものです。
これからは何でもシェアの時代だそうなので、部屋もしばらくこども部屋もシェア続行でお願いします。

天井からひもがぶら下がっていますが、天井に吊り輪用のフックがついています。
ぶら下がり健康機を愛用していたのですが、吊り輪をビルトインすれば省スペース化できるだろうというもくろみです。
ちなみに写真手前のシーリングファンは前の持ち主の時代からあったものです。


th_kodomo.jpg

こども部屋の壁側です。各自の棚の壁紙を柄違いにしてみました。
プライベート空間がないという大部屋の弱点を少しでも補おうという作戦です。
これに加え、部屋のデスクはパーティションで仕切る予定です。(が、まだできていません。)




th_fukkin.jpg

3Fの和室です。
今まではリビングダイニングに布団を敷いて雑魚寝するという江戸長屋スタイルだったわけですが、引っ越し後は専用の寝室に布団を敷いて広々と雑魚寝できるようになりました。
せっかくのリフォームなので、壁にふっきん棒をつけてもらいました。棒はリフォーム前に高齢者向けの手すりとして使われていたものを流用したものです。




余力が出てきたらまたリフォームのコネタを紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

ラクザップ


最近は余暇ポイントの配分が、家族イベント以外はリフォームと資金繰りメインになってしまっています。
夏を乗り切ればまたロボットで遊べるようになる・・・はずです。

リフォームと資金繰り以外に何も変化がないのも寂しいので、復帰したときにロボット作りの効率があがるように、ダイエットと英語の特訓は進めています。ダイエットしておけば長時間の工作作業がラクになりますし、英語になれておけばロボット関連の情報収集もラクになります。
TOEICについては、英語の勉強という認識から英語ではなくTOEIC語という独自の言語を学ぶんだという認識に改めてみたところ、得点がびろっと伸びました。その件はまた改めてご紹介します。




taijyu.png

記録をとりはじめてから今までの体重計の推移です。目標は60kg以内。
6月はちょっと飽きてきて昼や夜に1人前を食べちゃうこともあったのですが、ゆっくりと下がっています。

一番体重が低そうな時に体重計に乗ると、記録が伸びやすくてエンターテイメント性も高いです。
ごはんを食べずに家に帰った直後とか、朝起きた直後とか。
お風呂で汗をかいた前後でも、日によっては0.5kgほど表示体重が変わるので面白いです。
あと、ちょっと体重減らしておきたいな、という時に、夜抜きはたしかに効果覿面です。




で、ジョギングなどの体力づくりはまだ始めていません。
60kgを切ったら始めることにしているので、60kgまではずーっとサボっていても大丈夫なのです。
なんなら60kgが近づいたらちょっと多めに食べて体力づくりを延期しようかとも思っているほどです。
ゆるすぎるルールですが、体重は減っているので良い感じです。




ダイエットというと努力が必要な感じがありますが、努力の内容をざっくりわけると下記の2つに分類されると思います。

①食事制限:たべたいけどガマンする努力!
②適度な運動:つかれるし時間もとられるけど実行する努力!

この2つ努力を同時に進行というのは、いかにも自分には無理そうですし、実際のところムリです。
お金を払うタイプのダイエットは、努力の部分を外部化、アウトソーシングすることで、目的を達成仕組みなんだろうと思います。

私が実験中のダイエットは、努力は外部化せずに、内部処理するわけですが、自分で自分の脳を欺くような方法です。
特に努力のいらない①を実施しつつ、②については100%サボって後回しにする、という作戦です。
気がつけば試してから4ヶ月以上、特に苦もなく持続できています。

厳密にはたべないガマンをする努力を少しはしていると思うのですが、ダイエット中のくせにジョギングにも行かず、運動不足でありつづけるという圧倒的なサボり感の前に、食事制限の努力などは軽微すぎて完全にかすみます。
私のバカな脳が完全にダマされているということが、自分でもよく分かります(いいのか)

結果、体感的にはほぼ100%努力を回避しているにもかかわらず、体重は減り続けている、という夢のようなダイエットになっています。しかも無料。というか、ランチ代が浮くので収支はプラス。お昼休みは食事の時間がないので遊んだりもできるというオマケ付きです。

リスクとして、凝りすぎると拒食症みたいになってしまったりすごいリバウンドが来たりする可能性もあるらしいのですが・・・心にゆるさがあるのでなんとなく大丈夫なんじゃないかとは思います。




そんなことよりもとにかく資金繰り。解けるかどうかも分からないパズルゲームに挑むようで楽しいやらめんどいやらです。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

タイムトリップ家電探し


引っ越し先の小さいリビングにテレビを置こうと思うのですが、
スペースの有効活用のために壁掛けテレビにすることにしてみました。




ということで、32型の薄型テレビを探します。




テレビを架ける壁は6.5cmほどへこましてあるのですが、
いざ調べて見ると、そのヘコミに収まる32型で薄型の現行品がありません!!
40型以上の薄型はあるのですが、32型になるとなぜか厚くなってしまうのでした。




行き着いたのがレグザの32V型J7でした。
なんと2012年のモデルで、新品はもう売っていないという状況です。新品は驚くほど見つかりません。
ので、中古をゲットしました。




32V型J7は画質自体はまあまあですし、DLNAにもギリギリ対応しているので、スペック的にはセーフです。
ただし、5年も前の製品ですので、見劣りする部分が2カ所ありました。

①有効視野角がちょっと狭い。
 →正面から見る分にはクッキリなのですが、45度もずれると色がちょっと褪せて見えます。
  これはかなり不満なので、将来薄型の現行品が発売された暁には速攻買い直したい程です。

②チャンネル送りが遅い。
 →チャンネル変更がもっさりしています。テレビのサクサクザッピングはネット動画に勝るテレビの数少ない強み
  だと思うのですが、デジタル化のおかげでそのアドバンテージをがっつり失っています。

新しいものならもう少しサクサクするかと思うのですが、時代背景を考えると、
地デジ化によるテレビのもっさり化は、皮肉にもテレビ離れとyoutube等のネット映像依存を助長してしまったのではないかと思ってしまいます。なんてゴニョゴニョ言ってもしかたがないのでガマンです。




ただのテレビ探しですが、失われた家電製品を探す時間旅行のようでちょっと面白かった、というお話でした。
32V型J7は無事にありましたが、コンソレット18だけは欲しくてもどうしても見つからないんですよね~。
30年前はキャロットに行けばズラッとならんでましたし、20年前だったら数万円でゲットできたものなんですよね~><

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク