疲れがふっとぶビデオ




疲れたのでサルサのエンディングを見て楽しい気持ちにします。



ヘルタースケルターにMOTOGP2015のマレーシアの映像を組み合わせてみたもの。
絶対合うと思ったのですが、思った通り最高にマッチします。
かなり疲れが吹っ飛ぶ映像なのですが、消されるまでのお楽しみです。フルスクリーンがオススメです。

音声はこれで、https://www.youtube.com/watch?v=ntUIjp6yxj8&list=RDntUIjp6yxj8#t=26
画像はこれで。https://youtu.be/7ZUybiDSzSI?t=30
頭のなかで混ぜて再生。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

サーボホーンのガタツキ解消について


とあるところで5kgぐらいのヒト型ロボットをフルスクラッチで作成したことがあります。
ちゃんと設計したつもりだったのですが、なんとなく全体的にグラグラ。
特に股関節のピッチ軸がグラグラが致命的でした。
重力方向に加重がかかる部分はごまかせるのですが、
股関節ピッチ軸に関してはスクッと立った時に無負荷になるので、
グラツキがあると前か後ろに寄りかかってしまい、なんとも頼りない感じになるのです。



みなさんこのグラツキをどうやって克服しているのでしょうか?
ということでFBで質問させていただきまして、アドバイスをいただきました。(ありがとうございました。)



A4さん流サーボホーンまわりレシピ
①セレーションとホーン間のガタ: 緩衝材投入(セメダインSUPERX等)
②ネジの抜け: ファイナルギア中心にぶち込むネジにネジロック+座金で永久ロック(ザウルスで抜くためにキャップボルト推奨)
③スラスト方向のガタ: ワッシャーなりでスラスト面受け要素を機械的に設けてやる

酉旦那さん流
①セレーションとホーンの間に、セメダインSUPERX以外で、G17。(タミヤの青いネジロックも試したかも)



ただし、調べによると初期不良の可能性もありえるようで、その場合は、良品と交換してもらえるかもしれません。



追加でZakさんに教わった手段。
出力軸とホーンの間のガタツキはラジコン界でも長らく課題だったらしく、
クランプで締め付けるタイプのものが出ているそうです。
http://www.rcdepot-jp.com/top_select/top_p_19.html

ラジコン界の奥深さ!

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

第15回ROBO-ONEライト


2017年9月23日のロボワンライト、なんとか出場できました。



作業時間が確保できない(厳密には、確保しようとする努力ができない)問題があったので、もう今回のライトでゼムネスはもう何もせずに挑むことにしました。

電源を入れてみたところ、ちょっと人にロボットを紹介する機会があり、その際に、操作体験用の安全なモーションセットを作っていれていたことを思い出しました。(チロル大会モードだったら、さすがに棄権でした。)

・移動
・起き上がり
・パンチ(タメのないもの)
・投げ

暴発するとあぶないシコキックは入っていませんでしたが、これなら出ることだけは可能です!




出ました。ちょっといいとこなしで負けました。




LRマンは2回戦進出。
一ヶ月前からせめて備品・動作チェックだけは行いなさいと何度も言っていたのに、
前日まで一度も起動させていたなかった上に案の定うごかないとか言ってきたので叱りつけてやりました。
まあ、親が前日起動なんだからしょうがないですね><




森永さん、イケトムさん、流血仮面、シマさんの受賞はグッとくるものがありました。
ぷにくんのauto優勝も面白く、先輩が作ったモーション(ソフト)を使い、ぷにくんは現場でスイッチを入れただけということのなので、製作者不在で優勝という、autoならではの勝利です。
若手の活躍とベテランの活躍、再評価。そういう意味で意義のある大会でしたよね。
ロボワン本戦ではプラレスドンピシャ世代の中年世代の活躍も期待しています!




起きてから少し時間があったので歩行調整を少し行いました。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク